就職・進路

就職実績

本校の卒業生は九州をはじめ全国の医療機関、企業で働いています。
掲載しているのはそのごく一部です。(地域のタブをクリックしてください)

福岡

福岡県立遠賀病院、北九州市立医療センター、門司労災病院、掖済会門司病院、北九州中央検査センター、KKR新小倉病院、社会保険小倉記念病院、国立病院気候小倉医療センター、九州労災病院、済生会八幡病院、新日鉄八幡記念病院、九州厚生年金病院、三菱化成病院、北九州赤十字血液センター、産業医科大学病院、健和会大手町病院、健和会健和総合病院、豊前築上医師会成人病検診センター、田川市立病院、社会保険二瀬病院、社会保険筑豊病院、九州大学医学部付属病院、福岡大学病院、(株)協同医学研究所、(株)CRC、(株)リンテック、社会保険久留米第一病院、国立田川新生病院、小竹町立病院、鞍手町立病院、川崎町立病院、糸田町立緑ケ丘病院、赤池町立病院、麻生飯塚病院、飯塚医師会検診検査センター、健保直方中央病院、水光会総合病院、新水巻病院、宗像医師会病院、国立病院機構福岡東医療センター、国立病院機構福岡病院、国立病院機構九州医療センター、徳洲会福岡総合病院、福岡市医師会臨床検査センター、福岡市立こども病院、福岡赤十字病院、九州中央病院、KKR浜の町病院、天神会古賀病院、聖マリア病院、大牟田労災病院、済生会大牟田病院、甘木朝倉医師会病院、米の山病院、白十字病院、ほか(順不同)

大分、宮崎

中津市民病院、中津医師会病院、中津胃腸科病院、宇佐高田医師会成人病検診センター、山香町立国保総合病院、国立別府医療センター、国立病院機構西別府病院、JA鶴見病院、野口記念会野口病院、国立病院機構大分医療センター、天心堂へつぎ病院、アルメイダ成人病予防センター、大分医科大学病院、済生会日田病院、日田郡医師会成人病検診センター、津久見中央病院健保南海病院、都城健康サービスセンター、国立病院機構都城病院、藤本早鈴病院、宮崎医科大学病院、田野町立病院、宮崎県健康増進センター、宮崎市郡医師会病院、古賀総合病院、国立病院機構宮崎病院、延岡医師会病院、ほか

山口、広島

JA小郡第一病院、山口県予防保健協会、山口赤十字病院、山口赤十字血液センター、済生会山口総合病院、萩市立病院、国立病院機構山口宇部病院、美祢市立病院、JA長門総合病院、小野田赤十字病院、山口労災病院、山陽中央総合病院、防府胃腸科病院、徳山医師会病院、社保徳山中央病院、光市立病院日立病院、下関医師会病院、社保下関厚生病院、済生会下関総合病院、下関市立中央病院、町立錦中央病院、国立病院機構岩国医療センター、国保大島東部病院、国保大島病院、町立大和病院、中国中央病院、福山臨床検査センター、公立みつぎ総合病院、JA広島総合病院、国保町立加計病院、庄原赤十字病院、西条中央病院、国立療養所賀茂病院、国立病院呉医療センター、済生会呉総合病、院済生会広島病院、広島共立病院、マツダ病院、放射線影響研究所、広島県立病院、広島医師会臨床検査センター、中電病院、広島赤十字原爆病院、広島赤十字血液センター、ほか

佐賀、長崎

佐賀医科大学付属病院、佐賀県立医師会成人病予防センター、佐賀県立好生館、佐賀保健所、佐賀県総合保健協会、国立佐賀病院、唐津赤十字病院、唐津東松浦医師会検査センター、いづはら病院、上五島病院、県立島原温泉病院、県立多良見病院、国立長崎医療センター、北松中央病院、佐世保市立総合病院、佐世保共済病院、佐世保中央病院、 ほか

熊本、鹿児島

上天草総合病院、天草地域医療センター、健保天草中央病院、公立玉名中央病院、荒尾市民病院、健保八代総合病院、熊本日赤健康管理センター、鹿児島県立大島病院、鹿児島県立西之表保健所、出水郡医師会立阿久根市民病院、出水市立病院、済生会川内病院、鹿児島生協病院、鹿児島赤十字病院、鹿児島徳洲会病院、大隈鹿屋病院、(株)クリニカルパソロジーラボラトリー、鹿児島医師会臨床検査センター、鹿児島市立病院、ほか

求人は安定傾向

「臨床検査技師」という資格制度は1970年から施行された、比較的新しい資格です。制度が開始されてから臨床検査技師の数は増加していき、現在病院に勤める臨床検査技師の数は約6万人くらいいると推定されます。

本校の求人数も平成の始めくらいまでは順調に推移していましたが、毎年2000名の検査技師が生まれるため職場は飽和状態となり、加えて臨床検査のオートメーション化、病院の合理化、雇用形態の変化などで求人は落ち込んでいきました。

しかし現在では求人数は上向きに推移しています。それは現在病院で働いている臨床検査技師の定年退職者が出始めたためで、検査技師の求人数は制度が始まったころの水準に迫ろうとしています。今やっと各年代の検査技師ががほぼ均等に存在する状況になったのです。これから退職を迎える世代の数がある程度一定となり、新規雇用も安定してくると考えられます。ようやく検査技師という職業が成熟期に入ったと言えるでしょう。

進学について


本校のような専門学校を卒業して得られるのは「専門士」という称号です。それからさらに大学卒業の資格を取得することが可能です。最近は学校教育法の改定が行われ、様々な進路選択が可能となっています。大学を卒業して「学士」称号を得れば、さらに大学院で「修士」、「博士」への道が開けます。現時点で我が校の卒業生に開かれている学士への進路は以下の通りです。実際に、働きながらこれらの道に進んでいる卒業生も多くいらっしゃいます。


大学編入について

本校からの他校への編入は、医学部保健学科や工学部医療工学科などで、編入試験にチャレンジし単位認定を経て相応学年(2、3年)に入学可能となっています。編入学の門戸を開いている大学に関してはそれぞれの大学へお尋ねください。


アクセス


学校住所、地図

こちらLinkIcon

学校見学


学校見学は随時受け付けています

こちらLinkIcon

募集要項


学生募集要項の請求

こちらLinkIcon

お問い合わせ


FAQ、メール

こちらLinkIcon

カスタム検索