検査の種類と学内ローテーション実習

臨床検査技師が業務として行う検査は、大きく二つに分類できます。
一つは、患者から採取した生体材料に対して行う「検体検査」、そして患者自身に対して行う「生理検査」です。また、検査のために患者から採血することも検査技師の大事な業務となっています。

本学2年次の学内実習では、検査部門ごとに実習部屋割りを行い、学生が少人数のグループで各実習室を一定期間づつ回っていく「ローテーション実習」を実施しています。一定期間集中的に各検査部門の実習を行うユニークな方法をとっています。

血液検査


血液中にある赤血球、白血球、血小板などの細胞や血液凝固因子を検査します。細胞の数や機能を測定して貧血や白血病、血友病などの血液疾患が診断できます。

資料はこちらLinkIcon

細菌検査


ウイルスや細菌など、感染症の原因微生物を培養によって発見します。検出した病原菌に対して、どの薬が効くかを測定します。

資料はこちらLinkIcon

病理検査


病気の原因を突き止めるため、患者の身体から組織や体液を採取してそこにある細胞を直接顕微鏡で観察することにより確定的な診断を行う検査です。特にガン細胞の発見や診断には必ず必要です。

資料はこちらLinkIcon

免疫検査


ヒトの免疫をつかさどる抗体やリンパ球を検査して、感染症の補助診断やアレルギーなどの免疫病を診断します。また、輸血や移植治療に必要な適合性検査も行います。

資料はこちらLinkIcon

生化学検査


血液中に溶けている電解質、糖、脂質、タンパク質などのさまざまな成分を化学的に測定します。血液でさまざまな臓器の機能を知ることができるので、健康診断には欠かせません。

資料はこちらLinkIcon

一般・寄生虫検査


尿や糞便に代表される、患者の痛みを伴わずに得られる検査材料を用いて、重くなる前にさまざま病気を発見できる、患者にやさしい検査です。また、寄生虫症では便などから寄生虫の卵を発見して診断します。

資料はこちらLinkIcon

遺伝子検査


患者や病原体のDNAを調べます。遺伝病の診断やガン細胞の遺伝子診断はもとより、体内にある病原微生物のDNAを検出することによって今までにない高感度な検査が可能となりました。

生理検査


心電図や筋電図などの生体信号を検出して臓器の機能を測定したり、超音波で臓器の様子を直接観察したりします。呼吸や平衡感覚、聴力などの生理運動機能を専用の機械を用いて測定します。

資料1はこちらLinkIcon
資料2はこちらLinkIcon


アクセス


学校住所、地図

こちらLinkIcon

学校見学


学校見学は随時受け付けています

こちらLinkIcon

募集要項


学生募集要項の請求

こちらLinkIcon

お問い合わせ


FAQ、メール

こちらLinkIcon

カスタム検索