臨床検査技師とは

医療を支える臨床検査


 何かの病気で病院に行くと必ず受けなくてはいけないのが「検査」です。 医師は患者が訴える症状や検査データをみます。そして医師の豊富な経験や知識を駆使して、その人が今苦しんでいる病気を診断し、治療を始めます。医師の診断が正しい方向かどうかは検査データによる裏付けによって確認され、確定した病名にあった治療手段がとられることになります。そして治療を進めていく中でその治療がうまくいっているのがどうか、別の治療に変えていく必要があるのかなどといったことを判断するためにも何らかの検査が必要になります。臨床検査なくして、医療は成立しません。「根拠に基づいた医療」EBM(Evidence-based Medicine)が重要視される現代医療において、臨床検査情報も特に重要な役割を果たします。

チーム医療の一員


 細分化された専門医療、とても医師一人では成り立ちません。現在の医療では、医師を中心とした各種医療従事者により構成される「医療チーム」が患者を支えています。 臨床検査技師もその重要なスタッフです。各分野ごとのスペシャリストが力を合わせて一人の患者を支えていく、それがチーム医療です。
 臨床検査技師は、看護師、医師に次いで多い医療職種です。厚生労働省が発表した統計によると、病院に勤める医療従事者の中で臨床検査技師は看護師、医師に次いで人数の多い医療職種となっています。

臨床検査技師の業務

 臨床検査技師が業務として行う検査は、大きく二つに分類できます。一つは、患者から採取した生体材料に対して行う「検体検査」、そして患者自身に対して行う「生理検査」です。また、検査のために患者から採血することも検査技師の大事な業務となっています。


各検査について本校が行っている学内実習の詳細はこちらLinkIcon

臨床検査技師の職場

 全ての検査が病院内で行われる時代は終わりました。今は病院から検査を請け負う臨床検査センターなどの企業によっても臨床検査が行われています。また人材派遣業の進出、治験ビジネス、医療機器インストラクターなど検査技師の領域は多様化しています。以下に検査技師の職場状況のグラフを示します。(クリックで拡大表示)


就業施設男女比年齢比求人数


資格について

 本校を卒業することによって臨床検査技師国家試験の受験資格が得られます。臨床検査技師の資格は国家試験を合格することによって得られ、卒業学校によって違いはありません。業務内容にも差はなく、責任の重さは変わりません。専門化・細分化が進む医療においては、さらにその道を究めるスペシャリストが必要とされています。

臨床検査技師が取得できる資格についてLinkIcon


アクセス


学校住所、地図

こちらLinkIcon

学校見学


学校見学は随時受け付けています

こちらLinkIcon

募集要項


学生募集要項の請求

こちらLinkIcon

お問い合わせ


FAQ、メール

こちらLinkIcon

カスタム検索